MAINTENANCE革製品のお手入れについて

実は鞄が最も傷みやすくなるのは使用していない時です。
多湿であったり、高温なところでの保管はカビや金具の腐食の原因になります。
保管の際は、できるだけ通気性のある場所で、通気性のある布にくるみ保管しましょう。
長期間保管する場合は、数ヶ月に1回は外の空気に当て乳化性のクリームを塗り栄養補給しましょう。
革バッグは、使うほど馴染じみ、さらに良さが増してきます。ただ、もともと天然のタンパク質からできていますので、使い方やお手入れで、寿命が大きく変わる事を心がけてください。

日常的な手入れ方法・汚れ落とし

普段は柔らかい布でから拭きしたり、ブラッシングしてホコリをはらう程度で十分です。
手アカや汗などで汚れがひどくなってきたら、指定のクリーナーを布につけ、軽く拭くようにしましょう。
この場合、見えない部分で試してから使用するようにしたいものです。

保管の際に、最も気にかかるのが、カビです。
長く保管する時は、カビの栄養分になってしまう汚れやホコリを、できるだけ除去することが肝要です。
天気の良い日に陰干しして、水分を少なくしてから保存するのも大切です。
ナフタリンなどの防虫剤は、直接触れると変色したり、接着部が剥がれたりすることがありますので、使用しないほうが良いでしょう。

万が一の場合

水に濡れてしまった場合

雨など水に濡れてしまった時は、乾いたタオルで、叩くようにして水気を除き、風通しの良い場所で陰干しします。
濡れた革は熱に弱いので、ストーブやヒ-ターなど高温には絶対近づけないようにしましょう。
また、乾燥すると、変形することが多いので、できるだけ変形しないように形を整えてから乾燥するようにしましょう。
一度中まで濡れてしまった革を乾燥すると、革中の油分が不均-になって、部分的に硬化することがあります。
こういう時は指定のクリームを柔らかい布につけて輪を描くように軽く擦り込みます。
ただし、クリームでシミになることもありますので、必ず見えにくい部分で試してから使用するのが良いでしょう。

心配な方は防水スプレーをすると良いでしょう。防水スプレーは汚れを防ぐ作用もあるので週に1回くらい定期的にするのもいいです。防水スプレーは直接近くではふりかけないでください。乾いた布に一度スプレーしてから軽く拭くようにしてつけるか、直接ふりかける時はある程度距離をおいて遠くからスプレーしてください。底や裏などの目立たない所で試してから行う方がベストです。

色落ちに関して

「革は色が落ちるのがあたりまえ」といいます。革をつくる工程の中で、色落ちを気にしてしまうと、しっかりコーティングを施さなくてはならず、革本来の質感がそこなわれてしまいます。

汗などによる色落ちや、直射日光での色焼けの復元はむずかしいです。
心配な方は定期的に色落ち止めスプレーをすると良いでしょう。乾いた布に一度スプレーしてから軽く拭くようにしてつけるか、直接ふりかける時はある程度距離をおいて遠くからスプレーしてください。
いづれにしても底や裏などの目立たない所で試してから行う方がベストです。
革専用のクリーニングに出して聞いてみるのもいいでしょう。

傷がついたとき

ひっかき傷程度の浅いものなら乳化性のクリームを刷り込めば復活します。
傷隠しには色付きのものもあるので革の色に合わせて使い分けましょう。
マジックペンなどでごまかしてしまうと塗ったところだけテカってしまい、不自然になってしまうのでやめましょう。